今日からエンジニア

あの、まー、何かあれだ。

人を思う

30年以上生きていると既視感が諸々出てくる。 こんなことまえにもあったなというあれである。

僕は昔接客業をしていたのだが、 「最近あの人こないな」など考えていると その日にふらっときたりする。

生きているとそんなことがよくあるのだが、今日もそんなことがあった。

例えばこの感覚を大学の研究分野に入れるなら、行動学になるのか?

5分でまとまらなかったので明日に続く! (うそ、多分続かない)

5分ブログ

ブログ再開します!とかいって再開してねーし!笑 まあ、、やってもやらなくても良いことって続かないよね。文章書くのは嫌いじゃないんだけど。

ともあれアウトプットは大事。でも時間ないよねってことで5分ブログを初めて見ることにした。単純に5分以内でブログを書くだけ。

最近はポートフォリオを作っている。いいメンターさんが見つかり、進捗もきっと悪くない。 デリゲート、プロトコルが少しづつわかってきたのが嬉しい。

明日もブログかけたら描こうかな。

ちなみに今日は台風がヤベー日でした。

1年後の僕へ

一年後の僕よ。

毎日本気で生きているか? 自分に嘘はついていないか?

一年前の今日、俺が描いているような未来を生きているか?

もしそうじゃないなら、今の俺のせいだ。 だからそうならないためにも、今日できることをやるよ。

【swiftエンジニアを本格的にめざすことにした話】【若宮正子さんが格好良すぎる話】

こんにちは。このブログは主にweb系言語の学習記録を綴っていましたが、この度iosエンジニアとして転職を目指すことに決めました。興味ある言語に色々手を出して、フロントエンドやバックエンドの技術も勉強し簡単なアプリも作ってリリースして、からの決断なのでもう路線変更することはないですね。 将来的にはUI/UXデザイナーとして、webやアプリ、デバイスを問わず活躍する人材になりたいですがまずは足元をみてしっかり製作していきます。でないとありが富士山登頂目指すような絵に描いた餅になってしまうので、、一応、下記にアプリエンジニアを目指す詳細な理由も書きます。

①作りたいアプリのアイデアが現状複数ある ②アプリ作成であればUI/UXからサービスの考案まで携われる⬅︎webの勉強をしていた時も、フロントエンドの実装の方が個人的にワクワクしながら作れた ③スマホは一般人が普通に持つ時代でありPCよりも触る機会が多くまたそのハードウェアとしての機能の拡張性からまだまだ可能性を秘めていて、携帯する端末だからこそのUXを提供できる ④以前個人で公開したUnityのクソアプリでも人にDLされることがすごく嬉しかった ⑤webエンジニアの方が需要が多いと思ったがもし転職できたとしても自分の力を全振りできるような仕事でないと続かないし先もないと考えた ⑥swiftの書き方とxcodeが好きだった

今後は、swift関連の投稿が多くなると思いますがどうぞよろしくお願いします。

よし、まずは富士山の一合目に登るか!

f:id:pineatapple:20190714114830j:plain
春は曙

そんでもってiosエンジニアについて色々調べていたらこんな記事に出会いました。

type.jp

前々から知ってはいたのですがちゃんと記事を読むのは久々で、文章を読んで鳥肌がたったのは久々の経験でしたし本当に感動しました。

※以下引用

30歳でも40歳でもそれを活かせばいいし、プログラマーの限界があるかどうかは別として、人生に限界はないんですよ。これまで蓄えてきたいろいろな知識や経験をフルに活用して、それまでのエンジニアとしての経験を活かして別の世界に行ってもいい。歳を取ることって、キャリアにおいて全然マイナスじゃないと思うんです。

なによりExcelアートやひな壇アプリなど、自分が興味あるもの、作りたいものに全振りしているのが面白くて、また話している内容もとても洗練されている。

こうゆう方が増えると年を重ねるのが楽しみになると思う。僕も負けないように頑張ります。

【読書感想文:独学でみにつけるためのプログラミング学習術】

最近特に思う。本を100冊適当に読むよりもお気に入りの本を10冊読む方が良い。願わくばoutputできれば最高である。 僕はあまり本を読む時間がないけど自分が無知だと自覚があるので読むようにしている。しかし同じ本をなんども読むたちではないので(前言撤回早) 決められた時間の中で読み、感想をoutoutすることにする。

本日はこれ

www.amazon.co.jp

タイトルは直球だが中身は濃い。どう濃いかというと独学のための具体例を示してくれているのと、著者自身がばりエンジニアなので実体験からおすすめの書籍や勉強法を解説してくれる。 なぜ今プログラミングを学ぶのかがそこらへんのネットに転がってる安い情報ではなく(⇦ブーメラン) わくわくする感じで色々書いてくれている。

https://www.amazon.co.jp/%E7%8B%AC%E5%AD%A6%E3%81%A7%E8%BA%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%AD%A6%E7%BF%92%E8%A1%93-Ver-4-%E5%8C%97%E6%9D%91%E6%8B%93%E4%B9%9F-ebook/dp/B07M5Q7Z3X

彼によるとざっくりした独学の方針はこうだ。 ①作りたい目標を決める ②作るために何を学習すれば良いか知る ③作りたいもののための知識を得る ④得た知識を組み合わせて作品を作る ⑤作品を後悔して改善する

僕自身ぼんやり考えていたことが彼の言葉により背中を押された気がした。

正直内容が濃すぎてここでは書ききれない。kindle unlimitedで読んだが購入しても良いレベルだ。

【HTMLエンティティ化とは】

【HTMLエンティティ化とは】

エスケープともいう。f:id:pineatapple:20190710192849j:plain >や””などの特殊文字を、単なる文字列に変換すること。 フォームなどでユーザがJSなどを使用しいたずらや悪意のある攻撃をするのを防ぐ

htmlspecialcharsは長いので、 関数を作成して組み込むのが良い。

関数化する

function h($s) {
  return htmlspecialchars($s, ENT_QUOTES, 'UTF-8');
}
 ```

// 関数化したので、"h" の一文字だけでHTMLエンティティ化できるようになる
echo h('<a href="#">HTMLエンティティ化する。</a>');

参考URL
ありがとうございました。
https://www.flatflag.nir87.com/htmlspecialchars-555